menu
2017春の遮熱塗料でECOHOUSEキャンペーン

塗装業界のネタばらし

ネタばらし
「業者によって言うこと、金額がバラバラ!」
「チラシにネットに訪問販売、何を信じていいのか分からない!!」
「外壁塗装の金額はどれが適正なの!?」

最近お客様からこんな声をよく耳にします。
塗装と言えども、色んな塗料があります。安さだけをうたってくる会社は危険です。
知っておいていただきたい事はたくさんありますが、最低限知っておいてほしい4つの事と、値段のからくりをお教えいたします!

その1:大きな値引きをする業者には要注意

109678
実は、外壁塗装工事は材料の価格(塗料代)ではなく施工代(言い方を変えると人件費、手間代)が大半を占めています。なぜなら、仕入れの価格はほとんど変わらないからです。
仕入れの価格はほとんど変わらないのに、なぜ業者によって金額に大きな差がでるのでしょうか?それは、施工代(人件費・手間代)を安くするからです。

施工代(人件費・手間代)を安くするために、工期を短く します。
丁寧な作業には手間と時間がかかるのでそこを省くのです。

さらに、もうひとつ考えられるのは熟練職人は経験と知識があるので自社職人でない限りそれなりの対価が必要です。
そこで、派遣作業員やアルバイトが施工するというケースも考えられます。
同じ建物、同じ面積であまりにも安かったり値引きをして安くしてくれるところは仕上がりが違います。雑なのです。

いずれにしても安かろう悪かろうにならないように気をつけましょう!

その2:オリジナル塗料には気を付けろ!

l_070

よく、大手リフォーム会社、ハウスメーカーから「オリジナル塗料」 という言葉を聞きませんか?

「ウチは○○大学と共同で開発した・・・」とか
「どのメーカーのものよりすぐれた弊社の塗料は・・・」などがうたい文句です。

しかしちょっと考えてみてください。
もしどこよりも優れているのであれば塗料販売の専門店になればいいのです。
わざわざ営業訪問したり現場管理までしなくても塗料だけで商売できます。

実はオリジナル塗料とうたっている塗料のほとんどは、どこかのメーカーのラベルを張り替えただけなのです。
しかも偏には言えませんが、そのほとんどが安い塗料にもかかわらず高値で販売されています。
試しに「その塗料の主剤は何ですか?溶剤ですか?2液性ですか?」と聞いてみてください。ほとんどが水性シリコンのはずです。

ではなぜ水性シリコンなのか?

その3:同じシリコン塗料でも値段は倍違う

シリコン
現在の塗装業界で一般的な外壁用塗料といえばシリコン塗料です。
ですが、このシリコン塗料には特徴があります。

それは、同じシリコンでもメーカーや性質によって定価がほぼ半額ということがあり得るのです。
その中でも一番定価が安いのが水性シリコン。
そこに業者はつけ込んできます。
これがさらにUV非対応やメーカーによっても大きな開きがあります。 同じシリコン塗料でも価格に大きな開きがあるのです!

その4:付帯部一式ウレタン塗装はNG

主剤
皆さん主剤にのみ気を取られて付帯部のことをないがしろにしてませんか?
付帯部とは雨樋・破風・雨戸など外壁に付帯する細かい部分の事です。
付帯工事の部分では、ウレタン塗料がよく使用されます。ウレタン塗料は、安くてお手軽な塗料ですが、何年か先のことを考えるとあまりお勧めできる塗料ではありません。

外壁を良い塗料で塗装する場合、「付帯部分一式はウレタン塗装にしますね。」は塗料の耐用年数の違いがありすぎて、バランスが取れないのはもちろん、素材自体(特に木部)が持たないケースもあり、数年後に追加工事を行う場合も出てきます。
ですので、付帯工事部分の場合でも、シリコン以上の塗料をお勧めいたします。

問い合わせ

年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
2017春の遮熱塗料でECOHOUSEキャンペーン