menu
2019春の遮熱塗料で省エネecohouseキャンペーン

ノン結露

ノン結露は、環境に配慮した「安全」な水性の塗料です。

nonketuro_kanF☆☆☆☆(フォースター:ホルムアルデヒド放散等級)を取得しています。
「ノン結露」はガイナの断熱効果をさらに特化させた結露防止商品です。押入れの中、タンスの裏、トイレ、キッチンまわり、浴室の周辺など、結露の発生しやすい場所で、効果を発揮します。
また、施工は、ハケ、ローラー、吹きつけ施工など、塗装の様々な工程に対応しており、特別な工具を必要としません。

結露の危険をノン結露でSTOP

結露とその危険

建物の壁や天井、扉、押入れの中。空調機の吹き出し口など、私達の生活の様々な場所で「結露」が発生しています。
結露は見た目にも不快なものですが、結露が原因となりカビの発生を促す、建物の劣化を進めるなど、多くの危険の原因となるため、結露発生を防ぐことはとても重要なことです。

ノン結露で結露防止

ノン結露を結露の発生していた箇所に塗装をすると、結露の発生を抑え、同時にカビ等の発生のリスクを抑制することができます。
ノン結露は、塗材というごく薄い塗膜で結露の発生を抑え、また、仕上げとして表面に施工することで効果を発揮するため、施工性も優れています。

ノン結露の結露防止メカニズム

結露の原因

結露発生の仕組み 結露の原因となる空気中の水分は、熱エネルギーを持ち、温度の高いところから低いところへと移動をしていきます。
熱エネルギーを持った空気中の水分が壁面や天井、エアコンの吹き出し口など、周辺環境より温度の低い箇所へ到達すると、熱エネルギーは伝導して逃げていきますが、水分は構造体を通過できず、表面に取り残されてしまいます。
ノン結露は断熱をすることで熱エネルギーの損失を抑え、その熱エネルギーを利用し、構造体表面に到達した水分を効果的に吸放出コントロールすることで、結露の発生を抑えます。

ノン結露の結露防止効果

ノン結露は断熱をすることで熱エネルギーの損失を抑え、その熱エネルギーを利用し、構造体表面に到達した水分を効果的に吸放出コントロールすることで、結露の発生を抑えます。

弊社でも施工しました。
NEW金塚のココがおススメ

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
2019年遮熱塗料で省エネecohouseキャンペーン