TOPに戻る

menu

施工事例

「長期間美観性保持により維持費コスト削減へ」相模原市 K様邸 外壁塗装リフォーム工事事例

高耐候性・低汚染性で長期間メンテナンス不要な建物へ

相模原市 K様邸
外壁塗装リフォーム工事事例

今回使用した塗料はコチラ
外壁

リフォームの概要

所在地 相模原市
施工内容 外壁塗装リフォーム工事
築年数 20年
工期 25日間
使用した塗料 外壁:アステックペイント セラマックス1500Si-Jy
塗装色 屋根:該当なし
外壁:N-82

リフォームのきっかけ

リピーターのお客様より、お電話でご依頼でした。
「塗装工事は一友で」と決めてくださっていたようで、大変嬉しい施工のご依頼となりました。

提案内容

早速現場を拝見させて頂いたところ、外壁に経年による劣化が見られたため、塗り替えのご提案をさせて頂きました。

リフォーム施工前

20160812K様邸施工前 20160812K様邸施工後
施工前 施工後

リフォーム施工中

下地補修
20160812K様邸①施工前 20160812K様邸②下地処理
①施工前 ②下地処理
外壁塗装工事
20160812K様邸①施工前 20160812K様邸②高圧洗浄施工中 20160812K様邸③外壁下塗り
①施工前 ②高圧洗浄施工中 ③外壁下塗り
20160812K様邸④外壁中塗り 20160812K様邸⑤外壁上塗り 20160812K様邸⑥外壁施工後
④外壁中塗り ⑤外壁上塗り ⑥外壁施工後
雨戸塗装工事
20160812K様邸①施工前 20160812K様邸②ケレン 20160812K様邸③雨戸塗装1回目
①施工前 ②ケレン ③雨戸塗装1回目
20160812K様邸④雨戸塗装2回目 20160812K様邸⑤雨戸施工後
④雨戸塗装2回目 ⑤雨戸施工後
雨樋塗装工事
20160812K様邸①施工前 20160812K様邸②下塗り 20160812K様邸③雨樋塗装1回目
①施工前 ②下塗り ③雨樋塗装1回目
20160812K様邸④雨樋塗装2回目 20160812K様邸⑤雨樋施工後
④雨樋塗装2回目 ⑤雨樋施工後
下屋根塗装工事
20160812K様邸①施工前 20160812K様邸②ケレン 20160812K様邸③鉄部錆止め
①施工前 ②ケレン ③鉄部錆止め
20160812K様邸④鉄部塗装1回目 改 20160812K様邸⑤鉄部塗装2回目 20160812K様邸⑥鉄部施工後
④鉄部塗装1回目 ⑤鉄部塗装2回目 ⑥鉄部施工後

PICK UPどうして?

20160812K様邸PICKUP
 今回K様邸の外壁はスタッコという下地でした。スタッコは汚れやホコリがたまりやすい材質なのでしっかり高水圧洗浄をしました。

そして、材料の使用も他の下地に比べると倍近くかかってしまいます。ですが、今回はしっかり3回塗布しましたので長期に外壁の美しさを保てると思います。

リフォーム施工後

20160812K様邸施工後 20160812K様邸施工前
施工後 施工前

リフォーム担当者の声

梶原

梶 原

今回K様邸の施工管理を担当させて頂きました梶原です。
この度は弊社での施工をお選びいただきまして誠にありがとうございます。
K様邸の外壁はアステックペイントのセラマックス1500Si-JY仕様となっております。
セラマックス1500si-Jyは「防カビ性」「低帯電性」「親水性」に優れた塗膜表面を形成するため、低汚染効果を発揮します。
「低帯電性」によって静電気を帯びにくくするため汚れの付着を防ぐ性質を持ち
「親水性」による効果で表面は水になじみやすくなり汚れを落としていく性質を持ちます。
これらの特徴により、長期間美観を保持することが可能となります。
最後に、工事期間中は弊社職人にもお気遣い頂き誠にありがとうございます。
今後とも一友ビルドテックを宜しくお願い致します。

施工担当者の声

菊池

菊 地

今回K様邸の施工を担当させて頂きました菊地です。
施工手順は、外壁や雨戸、雨樋をしっかりと高水圧洗浄をして、コケや汚れをしっかりと落としました。
次に外壁のクラックを専用の補修剤で埋めて下地処理をしました。
その上にセラマックスという高耐候性の塗料を塗布しました。
雨戸・雨どい・鉄部・木部はしっかりケレンして錆止め下塗りをした上にフッ素塗料を塗布しました。
いずれも全て下地処理をしっかりして下塗りを合わせて3回塗りしていますので光沢と艶が出てキレイに仕上がりました。
今後とも一友ビルドテックを宜しくお願いします。

施工事例一覧
外壁塗装リフォーム事
お施主様の声はコチラ

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
お問い合わせ 電話番号 アクセス LINE