menu
2017年GAINA無料診断キャンペーン

カイム

カイム塗料は19世紀ドイツで生まれた、「水ガラス」と「天然鉱物顔料」でできている天然塗料です。
カイム塗料はコンクリート等の鉱物系の下地(コンクリート、モルタル、 レンガ、天然石、漆喰、石膏ボード等)に塗装すると、習字の墨が半紙に染み込むように下地と一体化するユニークな塗料で、一般の塗料とは違い、塗膜をほとんど形成しない為、経年劣化による剥がれや膨れがありません。
自然鉱物塗料であるカイム塗料が鉱物系下地と形成する接着を、微結晶型接着といいます。従来の油成分主体の塗料が、下地表面にフィルム層をつくるだけなのに対し、カイム塗料は下地と一体不可欠な“部分”となります。

カイム塗料はその優れた性能により、世界中の有名建築物・歴史的建造物に採用されてきました。
特に設立当初にカイム塗料が塗装された建築物は100年以上経った今日もその鮮やかな色合いが健在しているものが数多くあります。

 

カイム塗料の性質と特徴

優れた透湿性と撥水性

カイムのシリケート塗料は一般のエマルジョン塗料より透湿性があります。
自然塗料と下地の間にできる微結晶型接着は、ミクロ多孔質となります。
このミクロ他孔質は外部からの水の侵入を止めて、下地内部の水蒸気を透過させます。
フィルムを形成して、水蒸気の透過を制限してしまう一般塗料との比較で、カイム塗料は元々塗料を塗っていない下地の透湿性と比較しても、96%以上の透湿性を保ちます。
この透湿性の為、塗膜の多孔質塗面から下地内部の水分が透過・放出され、膨れやはがれが発生しづらいのも特徴です。

防カビ・防菌性

pHが高ければ高いほど、カビ・菌類は発生しにくいものです。
つまり、表面が強アルカリ性であれば防カビ・防菌性を示すことになります。
カイム塗料はケイ酸カリウムが使われているので、塗布後にpH約11以上の強アルカリ性を示し、他の殺生物剤等を使用することなく防カビ・防菌性を発揮します。

強い不燃性

万が一の火災でも有毒ガスが発生しないカイム塗料は、シリケート塗料は燃焼に非常に強く、燃えにくい素材です。
また、含まれる水ガラス自体は不燃。通常の有機塗料よりも不燃性は抜群に高いです。

美しい発色と耐久性

カイムのシリケート塗料はバインダーに水ガラスを使用しています。
水ガラスは耐久性が非常に高く、紫外線からの影響が色素に及びません。
それだけでなく、太陽光線がバインダーを通過して色素に届きやすい為、美しく発色します。

抜群の耐久性で塗膜の剥離・クラックなし

塗装面は通常、天候・直射日光・酸性雨・空気中の汚れや有害物質等、様々な要素から常に影響を受けています。
これにより、塗装の色素とバインダーがダメージを受けて色の後退が起きたり、セルフクリーニング作用が低下していきます。
カイムのシリケート塗料は様々な要因から受けるダメージに対し高い抵抗性を有しています。

溶剤不使用の完全無臭

開けるだけで塗装を開始できるほど有害性のないカイム塗料。溶剤不使用でもちろん完全無臭です。
室内の塗装も、スムーズに美しく仕上げられます。

豊富なカラーと実績

デザイン・クリアカラー、不透明仕上げ等、200種類以上のカラー・バリエーションから選択可能。
特性上30年以上の長寿命を持つカイム塗料は、世界中のいたるところで使用されています。

お問い合わせはこちら

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
GAINA無料診断致します