TOPに戻る

menu

一友ビルドテック社長ブログ

目には見えないもの

金塚社長×久常雨漏り119

最近、雨漏り調査の依頼がめちゃくちゃ多くなってきた。

こんなにも雨漏りで悩んでいる方が多いのには理由があるはず。
日本は地震大国だからきちんとしたお家でも、揺れればクラックも入るし、防水も切れるし、建物の老朽化もあるので仕方がないのも事実。
また、ゲリラ豪雨が多くなったせいで、通常の防水仕様では排水しきれなくて雨漏りに繋がるケースだってある。
だけどそれだけではない。
日本の建築技術が衰退している感じもする。
とんでもない雨仕舞いや信じられないぐらい、いい加減な施工をよく目にする。

プロがいなくなったね……。
金の事ばっかりで、ただただ現場にいって一日やるだけ。
本当にその家に住む人の事を考えたら、いい加減な施工はできないでしょ。
プロの職人ならさぁ。
あまりにもプロ意識がない。
施工にはルールがあるし、上手くなるには練習も必要になる。
ルールを守らないプロ野球選手がいるかね…… 練習しないプロ野球選手がいるかね……
いないよね(笑)、それと同じ。

プロっぽい顔して、実は格好だけは一人前。
そういう輩が多いのも事実。
まぁ、いい…… それを書くと長くなりそうだから、それはまた今度(笑)

ともあれ、毎日の様に雨漏り退治に奔走しているわけだが、そんな中、最近は便利なものが出てきたねぇ……。 「赤外線サーモグラフィー」というカメラ。
俺たちの目で見えないものを見せてくれるという優れもの。
これは凄い。
雨漏り調査赤外線写真

でもね、誰でも扱えるってもんじゃ無いのよねぇ~。 普通のカメラだってそうでしょ。 誰でも写真は撮れるかも知れないけど、真心のこもった写真は違うでしょ。それと同じ。

プロ級の写真 プロ級の写真 (2)

雨漏り119にはその道のプロがいる。
国際基準の「ITCサーモグラファー」が続々と誕生しているのがその証拠。
そして、もっと大切な事は、全員がプロ意識を最大限に持っていると言うこと。
全員が雨漏り退治に命懸けで挑んでいる、プロ中のプロだと言うこと。
久常散水調査中

もちろん「雨漏り119相模原店」はその中でも群を抜いている。
そりゃそうでしょ。
そのくらいの気持ちを持ってなきゃやってられないでしょ~(笑)
代表金塚散水調査

 

例えば、普通は水は上から下に流れる。
だけど、時に水は、下から上に上がっていく事もあるからね。
これを「毛細管現象」と言うんだが、そんなことも知らないで「雨漏り治します」なんて業者が沢山いるんだから大変です(笑)
昔はねぇ、俺も散々失敗もしたし嫌な思いもしたよ~(笑)
でもね、今は強力な味方が出来たよ。
なんてったって、目に見えないものを見せてくれるんだからね。
それともっと大切な事は同志のネットワーク。
毎日、日本のどこかで雨漏り退治をしている仲間がいること。
雨漏り119には解決できない雨漏りなんて存在しないのよ。
雨漏り調査119

さぁ、明日も朝から雨漏り退治。
お客様の不安を解決するために、命懸けで戦って参ろうぜよ
金塚社長×久常雨漏り119

でもね、雨漏りの原因が解ると、どのお客様も不思議と両手を挙げて喜ぶのよね……

ねぇねぇ、ちょっと…… 雨漏りしてるんですけど~~~(笑)(笑)

金塚浩一雨漏り119

雨漏り無料診断はこちらから≫≫≫雨漏り短
自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
お問い合わせ 電話番号 アクセス LINE