menu

施工事例

【ツタの撤去は根気よく丁寧に】相模原市 U様邸 屋根・外壁塗装リフォーム事例

『リファインなら排気ガスも心配なし』

相模原市 U様邸
屋根・外壁塗装リフォーム事例

今回使用した塗料はコチラ
屋根・外壁

リフォームの概要

所在地 相模原市
施工内容 屋根塗装リフォーム工事
外壁塗装リフォーム工事
築年数 築13年
工期 25日間
使用した塗料 屋根:アステックペイント スーパーシャネツサーモF
外壁:アステックペイント 超低汚染リファイン1000Si-IR
塗装色 屋根:カーボングレー(9111)
外壁:ミッドビスケット(8095)

リフォームのきっかけ

築10年を過ぎたあたりから汚れが目立つようになって来て、そろそろ塗り替えの時期なのかなと言う事でお問い合わせを頂きました。

 

提案内容

現地を拝見させていただくと、道路に面した立地と言う事もあり、車の排気ガスもとても多い感じでしたので、防汚性能の高いリファイン1000si-IRを御提案させていただきました。

 

リフォーム施工前

施工前 施工後

リフォーム施工中

使用材料

屋根使用材料 外壁使用材料

屋根塗装工事

①施工前 ②ケレン作業 ③さび止め
④下塗り ⑤タスペーサー挿入 ⑥中塗り
⑦上塗り ⑧施工完了

外壁使用材料

①下塗り ②中塗り ③上塗り
④施工完了

軒天塗装工事

①施工前 ②下塗り ③中塗り
④上塗り ⑤施工完了

雨樋塗装工事

①施工前 ②ケレン作業 ③塗装1回目
④塗装2回目 ⑤施工完了

破風板塗装工事

①施工前 ②ケレン作業 ③塗装1回目
④塗装2回目 ⑤施工完了

シャッターBOX塗装工事

①施工前 ②ケレン作業 ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

換気フード塗装工事

①施工前 ②ケレン作業 ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

ベランダ防水工事

①施工前 ②トップコート1回目 ③トップコート2回目
④施工完了

PICK UPどうして?

外壁のツタは生やそうと思った訳ではないのにいつの間にか伸びてしまう場合があります。しかも放置していると、あっ!という間に増えてしまい、気が付くと2階や屋根まで行ってしまう事も珍しくありません。
ツタの撤去はとにかく手作業でやるしかなく、良い方法もありません。外壁を傷めないようにカワスキやマジックロンなどで少しずつ丁寧に取っていきます。
手作業でおおむね撤去してもツタは完全に取れずに、ひげ根や吸盤が残っていると再発をしてしまいます。
そこでバーナーを使って残ったツタを焼いていきます。これでカワスキではこそぎ取れない部分や壁に根を張っているところまで取る事が出来ます。
ただしサッシ窓の近く等でバーナーの火が当てられない部分もあります。

リフォーム施工後

施工後 施工前

リフォーム担当者の声

20160506社長300×225①金 塚

この度は一友ビルドテックに工事の御依頼を賜り、大変にありがとう御座いました。

外壁に生えていたツタもしっかりと撤去して置きましたので、もう心配はいりません。

職人にもお気遣いを頂き心から御礼申し上げます。

今後とも一友ビルドテックを何卒宜しくお願い致します。

施工担当者の声

柿山1柿 山

今回施工を担当させて頂きました、柿山です。
工事の流れといたしましては、まず高水圧洗浄で屋根・外壁・付帯部の汚れやコケを洗い流しました。
次に屋根の工事に移りました。屋根板金の抜けている釘を打ち、さび止めを施工しました。
遮熱専用の下塗り材を塗り、タスペーサー(縁切り)を挿入した後、アステックペイントのスーパーシャネツサーモFという屋根専用の遮熱塗料を2回塗って仕上げました。
外壁は下塗りをしてから、中・上塗りに高耐候のアステックペイントのリファイン1000Si-IRという塗料を塗りました。
付帯部についてはしっかりとケレンをして、フッ素塗料2回で仕上げています。
フッ素塗料は耐候性に優れていて、光沢もあるので新築のように生まれ変わりました。
今回は一友ビルドテックに施工工事のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

施工事例一覧

外壁・屋根塗装リフォーム事

2016お施主様の声はコチラ

 

 

 

雨漏り緊急出動

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー