TOPに戻る

menu

施工事例

「赤外線サーモグラフィーで漏水個所の特定」相模原市 S社様 外壁塗装リフォーム事例

雨漏りは、漏水個所をきちんと突き止めてから施工することが大切です

相模原市 S社様
外壁塗装リフォーム事例

今回使用した塗料はコチラ
外壁

リフォームの概要

所在地 相模原市
施工内容 外壁塗装リフォーム工事
防水目地シーリング打ち替え工事
築年数 18年
工期 20日間
使用した塗料 アステックペイント EC-5000PCM-IR
塗装色 屋根:該当なし
外壁:トゥルーホワイト(8113)
   カラーボンドマウンテンブルー(8108)

リフォームのきっかけ

弊社HPより外壁塗装をお考えとの事で御連絡を頂きました。

提案内容

現地を拝見させていただくと雨漏りがあると言うことで、まずは雨漏りの調査を御提案しました。また、塗装材についてはアステックペイントの超防水塗料 EC-5000PCM-IR を御提案させていただきました。

リフォーム施工前

20160708S社様施工前1 20160708S社様施工後1
施工前 施工後

リフォーム施工中

20160708S社様①高圧洗浄 20160708S社様②シーリング施工前 20160708S社様③シーリング養生
①高圧洗浄 ②シーリング施工前 ③シーリング養生
20160708S社様④シーリングプライマー塗布 20160708S社様⑤シーリング増設 20160708S社様⑥シーリングヘラ押さえ
④シーリングプライマー塗布 ⑤シーリング増設 ⑥シーリングヘラ押さえ
20160708S社様⑦シーリング施工完了 20160708S社様⑧軒天施工前 20160708S社様⑨軒天塗装1回目
⑦シーリング施工完了 ⑧軒天施工前 ⑨軒天塗装1回目
20160708S社様⑩軒天塗装2回目 20160708S社様⑪軒天塗装完了 20160708S社様⑫外壁施工前
⑩軒天塗装2回目 ⑪軒天塗装完了 ⑫外壁施工前
20160708S社様⑬外壁下塗り 20160708S社様⑭外壁ハケ中塗り 20160708S社様⑮外壁中塗り
⑬外壁下塗り ⑭外壁ハケ中塗り ⑮外壁中塗り
20160708S社様⑯外壁上塗り 20160708S社様⑰外壁施工完了 20160708S社様⑱雨樋施工前
⑯外壁上塗り ⑰外壁施工完了 ⑱雨樋施工前
20160708S社様⑲雨樋塗装1回目 20160708S社様⑳雨樋塗装2回目 20160708S社様㉑雨樋施工完了
⑲雨樋塗装1回目 ⑳雨樋塗装2回目 ㉑雨樋施工完了
20160708S社様㉒屋上笠木錆止め 20160708S社様㉓屋上笠木塗装1回目 20160708S社様㉓屋上笠木塗装1回目
㉒屋上笠木錆止め ㉓屋上笠木塗装1回目 ㉔屋上笠木塗装2回目
20160708S社様㉕ベランダ外壁施工前 20160708S社様㉖ベランダ外壁下塗り 20160708S社様㉗ベランダ外壁中塗り
㉕ベランダ外壁施工前 ㉖ベランダ外壁下塗り ㉗ベランダ外壁中塗り
20160708S社様㉘ベランダ外壁上塗り 20160708S社様㉙ベランダ外壁施工完了
㉘ベランダ外壁上塗り ㉙ベランダ外壁施工完了

PICK UPどうして?

①散水中 ②可視画像 ③赤外線画像
雨漏り調査を行い漏水箇所を特定してから修繕工事をすることが大切です。今回の調査方法は、散水調査・目視調査・赤外線サーモグラフィー調査を実施しました。
上記写真をご覧になっていただけると分かりますが、目視でわからないところも赤外線を当てることで漏水箇所・入水経路がすぐわかり、雨漏り修繕の正確な診断をすることができます。また、修繕について、大事なことは、雨漏りの原因が分かるまでは修理工事をしないでおくことです。
雨漏りに失敗される方の多くがここで重大なミスを犯しているのです。
○○だろうという憶測から修理工事を行うから、止まらないのです。
「原因は是是、だからこういう工事をすれば止まる」
という明確な根拠がない限り、たまたま止まってくれるなんてことはないのです。雨漏り診断は病院と同じです。
例えばみなさんが身体に異常を感じた時、病院に行かれると思います。
ドクターが聴診器を当てただけで、あるいは喉の奥を覗いただけで手術を薦めるでしょうか?
そんなことをされたら、ちょっと心配になってしまいますよね?
我々を病院に例えると、原因調査が診察行為に当たり、修理工事が手術にあたります。
そして手術をしなければならない場合は必ず、胃カメラを飲むとかレントゲンを撮るとか何らかの精密検査をするはずですよね?
通常診察(目視調査)だけで手術(修理工事)をするから失敗するのです。
こんなドクターはやぶ医者もいいところです。
建物も診断(目視調査)→精密検査(散水調査・赤外線サーモグラフィなど)→手術(修理工事)
と段階を踏んだ修繕をしてあげてください。

リフォーム施工後

20160708S社様施工後2 20160708S社様施工前2
施工後 施工前

リフォーム担当者の声

久常 営業部1

久 常

今回S社様施工管理を担当させて頂きました久常です。
この度は弊社での施工工事をお選びいただき誠にありがとうございました。
S様は最初雨漏りをしているとのことで、散水調査の赤外線カメラ併用で、漏水個所の特定をし、塗装の施工に入りました。
下地処理をきちんとし、漏水箇所のシーリングも全て打ち替え、増設し、アステックペイントEC-5000PCM-IRを塗装したため防水性・遮熱性に優れた外壁になりました。
最後に工事期間中は弊社職人にお気遣い頂き大変にありがとうございました。
今後とも一友ビルドテックを宜しくお願い致します。

施工担当者の声

菊池

菊 地

今回施工工事を担当させて頂きました菊地です。
工事をするにあたり、一番力を入れたのはコーキングです。
外壁はALCだったので、目地を全て増設しました。
その上にアステックペイントのEC-5000PCM-IRという高い防水性と耐候性のある塗料を塗布したので劣化や雨漏りも抑えられキレイに仕上がりました。
長期間に渡り安心して過ごしていただけると思います。
今後とも一友ビルドテックを宜しくお願い致します。

施工事例一覧
外壁塗装リフォーム事
雨漏り修繕工事事例


雨漏り緊急出動

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
お問い合わせ 電話番号 アクセス LINE