TOPに戻る

menu

施工事例

【ラジカル制御塗料の採用でいつまでもきれいな外壁に】相模原市 W様邸 屋根・外壁塗装リフォーム事例

『タスマジックの補修で2倍強度の屋根材に』

相模原市 W様邸
屋根・外壁塗装リフォーム事例

今回使用した塗料はコチラ
屋根
外壁

リフォームの概要

所在地 相模原市
施工内容 屋根塗装リフォーム工事
外壁塗装リフォーム工事
築年数 築14年
工期 25日間
使用した塗料 屋根:日進産業 GAINA
外壁:日本ペイント パーフェクトトップ
塗装色 屋根:N-50
外壁:1F ND-343
   2F ND-503

リフォームのきっかけ

築10年を過ぎて、外壁目地の痛みが進み、ひび割れも気になると言う事でご相談をお受けしました。

提案内容

現地を拝見すると、やはり外壁目地はかなり傷みが進んでいる状態でしたので、まずは全ての防水シーリングの打ち替えをご提案させていただきました。 外壁には定評ある日本ペイントのパーフェクトトップを、屋根には断熱塗料の最高峰ガイナをご提案させていただきました。

リフォーム施工前

施工前 施工後

リフォーム施工中

使用材料

屋根使用材料 外壁使用材料 シーリング使用材料

屋根塗装工事

①施工前 ②施工前 温度測定 ③高水圧洗浄
④ケレン ⑤さび止め ⑥下塗り
⑦タスペーサー ⑧中塗り ⑨上塗り
⑩施工完了 ⑪施工後 温度測定

外壁塗装工事

①施工前 1F ②施工前 2F ③高水圧洗浄
④下塗り 1F ⑤下塗り 2F ⑥中塗り 1F
⑦中塗り 2F ⑧上塗り 1F ⑨上塗り 2F
⑩施工完了 1F ⑪施工完了 2F

シーリング工事

①打ち替え 施工前 ②打ち替え 既存シーリング撤去 ③打ち替え プライマー塗布
④打ち替え 打設 ⑤打ち替え ヘラ押さえ ⑥打ち替え 施工完了
⑦増し打ち 施工前 ⑧増し打ち プライマー塗布 ⑨増し打ち 増設
⑩増し打ち ヘラ押さえ ⑪増し打ち 施工完了

雨樋塗装工事

①施工前 ②ケレン ③塗装1回目
④塗装2回目 ⑤施工完了

軒天塗装工事

①施工前 ②ケレン ③塗装1回目
④塗装2回目 ⑤施工完了

破風板塗装工事

①施工前 ②ケレン ③下塗り
④中塗り ⑤上塗り ⑥施工完了

霧除け塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

軒天換気口塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

換気フード塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

水切り塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

雨戸塗装工事

①施工前 ②ケレン ③下塗り
④中塗り ⑤上塗り ⑥施工完了

シャッターBOX塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

中帯塗装工事

①施工前 ②ケレン ③下塗り
④中塗り ⑤上塗り ⑥施工完了

ベントキャップ塗装工事

①施工前 ②ケレン ③さび止め
④塗装1回目 ⑤塗装2回目 ⑥施工完了

ベランダ防水工事

①施工前 ②プライマー塗布 ③防水1回目
④防水2回目 ⑤施工完了

PICK UPどうして?

屋根材のひび割れ補修にタスマジックを使用しました
補修材が裏面まで浸透し、表裏両面から強固に接着します
そのため、約2倍の強度が確認されています

リフォーム施工後

施工後 施工前

リフォーム担当者の声

20160506社長300×225①金 塚

この度は大変にお世話になりありがとうございました。

弊社職人にもお気遣いを賜り恐縮しております。

アフターフォローもしっかりとおこなって参りますので

今後とも一友ビルドテックを何卒お願い申し上げます。

施工担当者の声

藤田 亮一

藤 田

今回の施工を担当させて頂きました、藤田です。
まず高水圧洗浄でしっかりコケや汚れを洗い流してから、外壁のコーキングの打ち替えを行いました。
屋根は下塗りをして、中塗り・上塗りに遮熱性・断熱性に優れた日新産業のGAINAを塗りました。
外壁は下塗り材を塗装してから、中塗り・上塗りに低汚染性・耐候性に優れた日本ペイントのパーフェクトトップで仕上げました。
付帯部塗装は下塗り後、セミフロンマイルドを2回塗りで仕上げました。
長雨で工期が延びてしまい、ご不便をお掛けしました。
この度は一友ビルドテックへ施工工事のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。

施工事例一覧

外壁・屋根塗装リフォーム事

雨漏り緊急出動

 

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
お問い合わせ 電話番号 アクセス LINE