menu
春に多機能な内装塗料を塗ろうキャンペーン TOP

ブログ

シーリング材は何を使用するのが良いの?「いちゆうブログ」

これがシーリングです。

みなさんこんにちは。
相模原市・町田市・八王子市と幅広く、お客様の為に、塗装・防水工事を行っております。
一友ビルドテック株式会社です。

シーリング材は何を使用するのが良いのでしょうか?

まず始めに

シーリングとは

シーリングやコーキングというと、
一般的に、サイディング外壁、ALC外壁でよく耳にされると思います。

これがシーリングです。

サイディングやALC外壁というと、
一枚の壁ではなく、複数のパネルやボードを張り合わせてできている外壁で、どんなにぴったりとくっつけたとしても、そのボードとボード、パネルとパネルの間に、隙間ができてしまいます。

そのため、敢えて目地という少し広めの隙間を作り、そこにコーキング材を詰め、密閉することで、隙間から、水や汚れなどが浸入することを防ぎます。

内部に水や汚れが浸入すると、塗膜の劣化に繋がるだけではなく、内部からの腐食を招いたりなど、大規模の補修工事が必要になることにもなりかねません。

シーリング(シール部分)が劣化しているだけ…と侮らず、早めに修繕していくことが、お家の長持ちの秘訣と言えるでしょう。

そして、

シーリングの打ち替えに使用するシーリング材は何が良いのでしょう。

ノンブリード型を使用するのが基本です。

ノンブリード型とブリード型はどう違うのでしょうか。

ブリードとは、可塑剤(成形や加工をしやすくするためにプラスチックや合成ゴムなどの高分子物質に添加する物質の事)などの配合成分が表面ににじみ出ることを言います。

ブリード物は、上に塗装した場合に塗膜を溶かしたり、シワを発生させたり、べたつきで汚れを生じさせます。

つまり、ノンブリードはブリード物を析出させないタイプで、塗装を前提にした施工に適しています。

一友ビルドテック株式会社では、シーリング材はノンブリード型を使用します。

2018年3月13日更新 須田

 

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
春に内装塗料を塗ろうキャンペーン 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
春に内装塗料を塗ろうキャンペーン