menu

ブログ

冬の節電対策にもおすすめ‼『遮熱塗料』と『断熱塗料』の違いとは⁉

みなさんこんにちは。
相模原市・町田市・八王子市と幅広く、お客様の為に、塗装・防水工事を行っております。
一友ビルドテック株式会社です。

朝晩の寒さも厳しくなってきている今日この頃。年末の足音も聞こえてくる季節になりました。
この時期に塗装をお考えの方が気になる点といえば…
塗装したら暖房使用時に室内の温度は変わるのか?節電効果はあるのか?
ではないでしょうか。

塗料の性能に『遮熱性』と『断熱性』があります。
この似ている2つの違い知っていますか?
その違いで冬の節電効果が違ってくるのです!!
違いを知る事で塗装をする際の塗料選びに是非役立ててください♪

『遮熱塗料』と『断熱塗料』の違いとは⁉

夏の暑さ対策を重視するなら遮熱塗料

遮熱塗料とは、熱を反射する性質のある塗料の事です。
そのため外壁に塗装した場合は、室内に太陽光の熱が伝わりません。
塗装した箇所の表面温度を下げる役割も持っています。
地球温暖化も問題になっている今、この性質は夏場の節電対策にも効果的です。
気温が高く、日照時間の長い環境で特に効果を発揮できる塗料になります。

夏も冬も快適に過ごすなら断熱塗料

断熱塗料とは、熱をはじき返す遮熱塗料とは異なり、熱伝導を抑える働きのある塗料の事です。
太陽光の熱に対して、その熱が伝わるのを抑えて室内の温度が上がるのを防ぎます。
また、室内温度上昇を抑えるのと並行して、室内の熱を外部へ逃がさない性能もあります。
そのため、夏は涼しく冬暖かい、一年を通じて快適な室内温度を保つことができ、節電効果も期待できるのです。
冬の寒さが長く続く地域や、一年中快適なお家にしたい方に特におすすめです。

 

『遮熱塗料』と『断熱塗料』、似ているようでこのように性能には違いがあるのです。
塗り替えの際には塗料の性能を見極め、どこにポイントを置くかを考えて選ぶと良いかもしれません。

 

『遮熱性』と『断熱性』両方の性能を持つおすすめ塗料《 GAINA 》

暖房の使用が増える、これからの時期におすすめなのが断熱塗料の GAINA (ガイナ) です。

遮熱断熱効果

hot_03-690x249

 

ガイナは日射を効率良く反射する

ガイナは塗膜表面を特殊なセラミックで覆うようにして塗膜を形成しており、このセラミックが効率良く日射を反射し、熱の発生を抑え、建物内へ熱が侵入するのを抑えます。

熱に変わったエネルギーの行方

日射の影響の多くは、上記の「反射」という方法で対応を取っていきますが、これは、“近赤外線”などの反射であり、日射の一部は反射できずに吸収をして、熱に変わっていきます。
ガイナはこれらの熱に対しても対応を取ることで、その効果を更に高めていくことができます。

隙間なく全面を覆う

ガイナ塗膜は熱が伝わりにくい「低伝導性」の性質を持たせ、建物表面で発生した熱の内部への侵入を抑えます。
しかもガイナは液体の塗料なので、建物などの形状にとらわれず、全体を隙間なく覆うことができるので、薄い塗膜で効率的に効果を発揮します。

高レベルの遠赤外線放射で熱を逃がす

ガイナに含まれる特殊セラミックは、温度が上昇するとエネルギーを効率的に遠赤外線に変換して放射する性質を持ちます。
建物の表面で発生した熱は徐々に内部へ侵入をしていきますが、ガイナ塗膜は温度を上昇させることで、一度吸収したエネルギーを空気中へ再び放射し、室内へ侵入する熱を抑えます。

断熱効果

cold_03-690x238

寒さを解消して暖房効率向上!

暖房が効きにくい理由

冬の寒い時期、外気などの影響で、建物の壁や天井は冷たくなっています。 このとき、どんなに室内で暖房をかけても、暖かい熱が壁や天井に吸収されてしまい、なかなか室内は暖かくなりません。

ガイナ塗装で部屋全体がすぐに温まる

ガイナを塗ると、暖房の熱が室内に広がるのと同時に、塗装された面が瞬時に暖まるので、効率良く暖かい室内環境を整えることが出来ます。室内の空気温度と、壁や天井の温度との均衡を取る事で、熱の移動を抑え、暖房効率を上昇させることが出来ます。

効率良い遠赤外線放射で瞬時に温度対応

ガイナの塗膜は熱を受けると、その熱を非常に効率良く遠赤外線に変換して、放射し続けます。
遠赤外線は、輻射の熱を熱い方から冷たい方へと運び、温度を均一化させていく性質を持ち、これを活用することで、ガイナの塗膜は瞬時に周辺環境の温度に対応することができるのです。

 

このガイナはごく一般的な塗料と同じように塗装をすることができます。
しかしその性質・性能は通常の塗料や、従来ある建材等とは違う、画期的な商品です。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した、断熱技術を応用し、非常に特殊なセラミックを、塗料化すること成功し、建築用塗材として活用できるようにしました。
遮熱性・断熱性だけでなく、塗膜効果で長持ちし、結露防止効果防音効果、さらに消臭効果まで!!様々な効果を兼ね備えています。
気になった方はこちらでさらに詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。

 

今回は『遮熱塗料』と『断熱塗料』の違いを紹介しました。
ガイナの高性能な点も紹介しましたが、すべての家にガイナが1番いい!というわけではありません。
住んでいる地域や場所、どの性能を重視するかなどによってどの塗料がベストなのかは違います
もちろんお家の屋根や壁の素材や構造などによっても変化します。
金額や性能など様々な角度から照らし合わせて、塗料選びをしていただければ良いと思います。

自分の家には何の塗料が合っているのか…。
お困りでしたら、一友ビルドテックにご相談ください!!
現場調査・お見積りまで無料で伺います!!

塗装に関する、疑問・質問なんでもお気軽にどうぞ。

電話でのお申し込みはコチラ

フリーダイヤル ロゴ 0120-754-789

メールでのお申し込みはコチラ

 

2020年11月15日更新 上田

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー