menu
2019春の遮熱塗料で省エネecohouseキャンペーン

ブログ

塗り替えるタイミングっていつ?「いちゆうブログ」

塗り替えるタイミングっていつ?

みなさんこんにちは。
相模原市・町田市・八王子市と幅広く、お客様の為に、塗装・防水工事を行っております。
一友ビルドテック株式会社です。

建物を塗り替えるタイミングってどんな時なんでしょう?

外壁の素材によっても変わってきます。

サイディングの場合 新築~10年くらいが塗り替えのタイミングです。
製品によってはもっと短い事もあります。

※塗り替えの必要はなくとも、シーリングの点検は3~5年で一度しておくといいかもしれません。また、硬化してしまっている場合は打ち替えをおススメします。

モルタルの場合 新築~8年くらいが塗り替えのタイミングです。
製品によっては10年前後保つ場合もあります。

※上記の塗り変えのタイミング年数以下でも、外壁に大きなクラックが出てきた場合は塗り替えを検討した方が良いと思います。

一般的に塗装の寿命は10年くらいと言われています。新築~10年くらいで一度目の塗り替えタイミングが来たという事になります。
また、10年未満でも塗り替えが必要な場合もあるので、外壁のセルフ診断をしてみてください。

外壁のセルフ診断

セルフ診断の内容 ⇓⇓こんな風になっていたら要注意⇓⇓
外壁のヒビ割れ 塗膜の剥がれ
シーリングの硬化(割れ)  シーリングの破断
塗膜の剥がれ 外壁塗膜の剥がれ
チョーキング チョーキング
カビ・コケの発生 カビ・コケ

 

※この中に一つでも当てはまるものがあれば、塗り替えのサイン!タイミングです。
上記の写真は、弊社にご依頼があった際の実際の症状です。

塗り替えってなんで必要?

そもそもなんで塗り替えをするのか?

決して安くない金額を使って屋根や外壁を塗り替えるのはなぜなのか

それは

1.腐食から家を守る。
2.雨や風、紫外線から建物を守る。
3.建物の美観を維持する。

外観を綺麗に維持するというよりも、雨漏りが起きないように家を保護するんです。

決して安くない金額は払いますが、家が朽ちてしまって雨漏りの修理をしなくてはいけない。はたまた、建て替えないといけない。

なんてことになれば、もっと大きな出費になります。

出費も痛いですが、不具合や雨漏りが続く自宅にずっと住み続けるという事は、精神的にもダメージがあります。
こんなことになる前に早めに建物のメンテナンスをしてあげてください。

また、最近の塗料は

耐久性、耐候性、防汚性、防湿性、透湿性を備えていたり、断熱効果、遮熱効果、遮音効果、セルフクリーニング効果などの機能を持った塗料もたくさん出ています。

ニーズに応じて塗料も日々研究され、進化しています。

そうした塗料を賢く使ってコストパフォーマンスの良い塗り替えをされるといいと思います。

 

いちゆうのおススメ塗料はこちら(下記のバナーより詳細ページに移動してください。)

アステック バナー
おススメ塗料 ガイナ
おススメ塗料 無機UVコート
日本ペイントバナー
おススメ塗料 アドグリーンコート
おススメ塗料カイム

お得に塗り替えが出来るキャンペーンも随時実施中です!
(下記のバナーより詳細ページへ移動してください。)

2017秋のキャンペーン GAINAを塗ろうキャンペーン

 

2017年10月31日更新 須田

自分の建物で事前に100点満点の塗り替え色を見つけるいちゆうのカラーシミュレーション
2019年春の遮熱塗料で省エネecohouseキャンペーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

各種クレジットカード
リフォームローンはじめました
年中無休 完全予約制 マンツーマンセミナー実現 塗り替えセミナー
2019年遮熱塗料で省エネecohouseキャンペーン